学園理念

学園理念

 本学園のはじまりは、開学の祖である堀榮二氏が大正2(1913)年、名古屋市中区にアメリカ商業教育を基礎とし「社会に出てすぐに役立つ人間の育成」を目指し「英習字簿記学会」を創立したことによります。そして、創立100年を節目とし、平成26(2014)年4月、享栄学園傘下の7校(園)がそれぞれ独自性を活かし、地域のニーズや様々な課題に対して迅速な決断と改革に取り組む学園を目指して分離し、愛知県下2校1園が「学校法人愛知享栄学園」として新たにスタートしました。

 本学園は、建学の精神である「誠実で信頼される人に」を受け継ぎ、生徒・園児一人ひとりの夢の実現を支援し、自己実現できる人づくりに取り組みます。社会環境や生活環境の変化のサイクルは年々早くなってきており、その変化への対応力を生徒のみならず教職員も磨いていかなければなりません。教職員の研修・研鑽を積み重ね、次代を担う人づくりに邁進します。

 また、本学園は学内のみに目を向けるのではなく、各校が地域との連携を深め、地域社会に根ざした特色ある教育を実践して参ります。

                             2015年4月1日
                             理事長 長谷川 信孝 

理事長 長谷川信孝

理事長 長谷川信孝